忍者ブログ
ギター回想記
Posted by - 2017.08.21,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by お弦 - 2007.08.01,Wed

gibsonのアコースティックギターを所有しています。はたして持っているギブソンがアコースティックギターの中でどういう音なのかどのような音なのか気になってきました。アコースティックギタの大手ブランド「Gibson」は世界中のミュージシャンに使われているアコースティックギターですね。

ギブソンJ-45やSJ-200はあのビートルズや国内のミュージシャンにも数多く使われていてストロークのサウンドがとても気持ちいいギターですね。ギブソンJ-45はマーティンよりもサスティンが負けますが、そのためにコードストロークを弾くとギブソンだと弦のビビリもギブソンの音は許せるようです。
僕のギブソンギターはJ-45のカスタムショップ製のギターで、歯切れがスタンダードなJ-45と同じくらいでさらに倍音が多くクリアなアコーギです。ギブソンだと兄弟のgibson J-50というのがありますが、J-50のビンテージのサウンドを足したような感じもあります。自慢です。
サンバーストではなくナチュラルカラーのギブソンギターでで本来のアコギらしいアコギの色をしています。僕はアコースティックギターの素材も少し興味があったので調べてみたらスプルースとかマホガニーという気を使っているようです。ギブソンギターにはアドバンスドジャンボというものもあり、これは他のGibsonGuitarとは違う素材を用いてます。J-45カスタムバインといった高級なカスタムモデルはギブソンのモンタナ工場というところで手作業で作られていたりするそうで、同じ木でもより高級な木材を使ってます。戦前のビンテージはプリウォーといいかなり高いです。
ギブソンJ-35のようにもう新品を販売していないギブソンギターはビンテージで鳴りがいいらしいです。個体差が激しいので一概には言えないそうですが。J-45ローズウッドのように高級モデルはもともと高いうえ、中古のいいアコースティックギターになると手が出ないですね。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
J-45試奏。
レギュラーラインのJ-45が入ったということで、楽器屋で試奏させてもらいました。 GibsonはGibsonでいいですね。 Martinは低音ズシーンという感じですが、Gibsonは高音シャラーンという感じでした。 擬音語だと
Stlpd28の音楽生活 - URL 2007.08.05,Sun at 15:24:08
カテゴリー
フリーエリア
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]